08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

RIJF2013の思い出 その4 

これを書いたら夏が終わってしまう気がして、なかなか書きたくなかったのですが。
肌でしっかりと夏の終わりを感じてしまたので、筆をとりました。


僕のラストアクトは、もちろん「ストレイテナー」


テナーとの出会いはなんだったんでしょうか、確かこれまたRIJFだった気がします。2011かな。
そのときに予習しようとして近所のTSUTAYAで推されていた「STOUT」をかりたのを記憶しています。
「VANISH」、「BERSERKER TUNE」は当時中学校3年生の自分にも相当な衝撃でした。






テナーはゆっくり、ゆっくりハマっていって、今ではどっぷり浸かってしまっている状態な訳です。
なにか縁があるのかはわかりませんが、3年連続でRIJFは僕の参戦日と同じ日に居ます。ストレイテナー。


最前で待機、胸躍っておりました。
メンバーが登場、ひなっちとシンペイはママチャリに二人乗りで登場、笑

最初のナンバーは「ROCKSTEADY」、ぼちぼち意外どころでした笑。まさか最初に来るとは

じわじわあったまり、続きましては「TRAVELING GARGOYLE」
CDで聞くと、まあお恥ずかしながら「もう飽きたよー」と思ったりしちゃうときもあるのですが、生で見るTRAVELING GARGOYLEのかっこ良さは尋常じゃありません。マジアンディ。

そしてお決まりのライブ版のイントロから「Discography」これに関してはマジひなっちですよね。異常。
「I sing it out,shout it out,play my guitar」ってフレーズもたまらなく好きです。
すごいホリエさんっぽくて、

そしたら新曲とホリエさんが言われたので、当時トレーラーが出ていた「BLACK DYED」かなと思ったのですが
「シンデレラソング」がプレイされ
当時始めて聞く曲だったのですが、「これはマジやべえわ」と思いました。もうやっぱテナーってすげえなとホントに思いました。やばすぎ。






そしてお決まり「KILLER TUNE」、もっと後かなと思ってたのでこれもタイミングはちょっと意外でしたが

ここまでで散々ヒートアップした空気を「シンクロ」で一変させます。
こういったセットリストはストレイテナーのお得意のパターンですが、何度やられても、一瞬で会場の雰囲気が変わります。
こういうのって実際結構凄いことだなあと、思っております。

休んだのも束の間、ホリエさんが「星が見えねえ」と言った後に「4人で演ったことない曲やります。」とコール。
こ、これはもしや、
と予想した通りの「SILVER STAR」がプレイされ、またすぐに会場は大盛り上がりへ。

そこから「REMINDER」、そして「Melodic Storm」がプレイ、大きなシンガロングをLAKEステージでも見せてくれたテナー。


アンコールの中、再びストレイテナーがステージに来たと思ったらスペシャルゲストが!
となったらもちろんあれです。「From Noon Till Dawn」
やはりこの曲は本当に素晴らしい。えげつない。

そして僕をテナーに惹きつけた曲がシンペイさんお馴染みのコールからプレイ。
「BERSERKER TUNE」。

10周年を迎えたストレイテナー
ここいらでちょっと一休み。とは真逆で、すんごい勢いで活動している2013年。

まだまだ、このバンドには進み続けて欲しいですね!


ResplendentResplendent
(2013/09/11)
ストレイテナー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

category: ライブレポ

Posted on 2013/09/17 Tue. 00:37  edit  |  tb: 0   cm: 0  

こんな星の夜は 全てを投げ出したって どうしても君に会いたいと思った 


タイトルはELLEGARDENから「スターフィッシュ」

文化祭を
ドラムで6曲、ギターで3曲やりきりました。
といってもドラム6分の1、ギターにいたっては3分の2がやったことある曲だったのですが、
いろいろなプレッシャーの中、無事に成功を収めました。


良かったよとか、凄いいろんな人から言っていただいて、良かったなあと心から思います。

こんなんで満足も、落ち着いてられもしないので、
本当に大舞台の中の大舞台に立って、そこから立ち続けるまで、ずっと歩みを止めずに進めるようにいたいものです。

category: 日記、駄文

Posted on 2013/09/17 Tue. 00:02  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。